施設認定申請に関するFAQ

<Q1> 診療実績について:当院ではHBOCに関連する診療の実績はありません。施設認定の申請は可能でしょうか?

A1.JOHBOCによる施設認定では、基幹・連携施設に関しては、原則、診療実績を評価の対象としています。協力施設に関しては評価の対象としていません。

<Q2> 基幹、連携、協力施設の連携体制の説明:施設認定の申請にあたり、連携体制はどのように確保すればよいでしょうか?

A2.
1.基幹施設を目指す場合、連携・協力施設との連携協定締結は要件となりません。
2.連携施設を目指す場合、基幹施設1施設(複数不可)との連携協定の締結が必要となります。協力施設との連携協定は必須ではありません。​
3.協力施設を目指す場合、基幹施設あるいは連携施設との連携協定の締結が必要です。
基幹・連携施設についてはHPをご確認ください。いずれの場合も、連携協定を締結して後,連携協定書を提出してください。なお、連携・協力施設は複数の基幹施設との連携は認めておりません。
連携・協力施設は、認定申請の際に協定書が必要となりますので、連携協定書の原本は必ず施設長の公印を捺印の上、各施設で保管していただき、コピーまたはPDFを提出してください。​

<Q3> 診療実施責任者と診療連携責任者について:診療責任者と診療連携責任者について教えてください

A3.診療責任者は,日本人類遺伝学会及び日本遺伝カウンセリング学会・臨床遺伝専門医,日本乳癌学会・乳腺専門医,日本婦人科腫瘍学会・婦人科腫瘍専門医の3専門医資格の何れかを有し,且つ,当機構教育事業規則細則に沿って,要件を満たすだけの同部会が認めたカリキュラムコードの受講を全て完了している事(要証明)を要件とします.連携責任者については、当該施設の常勤医とします。

<Q4> セミナー受講について:実施医師として登録する場合、どのセミナー受講が必要なのでしょうか?

A4.施設認定申請において、実施医師にはJOHBOC教育部会の認めたカリキュラムコードを満たした3年以内の講習会の受講証明が必要になります。申請時に様式2-別添2のエクセル表のリストから選択してください。
*受講証の有効期限は、当機構教育事業規則細則での規定を参照ください。

<Q5> 倫理委員会の認定書:RRSO・RRMに関する倫理委員会の認定書はどのような書式が必要でしょうか?

A5.各施設の倫理委員会の施設内審査組織による承認に係る正式の書面の写しをご提出ください。ただし,もしその書面に公印の押捺がない場合には,審査委員長ないしは医学部長などの統括責任者,または施設の長の公印を、同書面の写しの空きスペースに記名とともに押捺の上,当該者により本書式が当該組織における正式な証憑である旨の一筆を添えてください。

<Q6> 遺伝学的検査受注契約書はBRCA Analysis 検査だけでよいですか?

A6.BRCA Analysis診断システムは要件の中には含めません。

PAGETOP