施設認定事業規則・細則

  • HOME »
  • »
  • 施設認定事業規則・細則

施設認定事業規則

第1章 総則

第1条[目的]
この事業は遺伝性乳癌卵巣癌 [1] およびその疑いがある患者・家族の診療体制の整備拡充を推進することにより、国民医療の向上に貢献することを目的とする.

第2条[組織・運営]
第1条の目的を達成するために日本医学会「遺伝子・健康・社会」検討委員会の助言の下、日本医学会分科会である日本人類遺伝学会,日本乳癌学会,日本産科婦人科学会が協働して施設認定制度を設ける.

第2章 施設認定部会

第3条[施設認定部会の設置]
第1条の目的を達成するために施設認定部会を設置する.
2.同部会は臨床遺伝領域・乳癌領域・婦人科腫瘍領域の委員により構成する.

第4条[業務]
施設認定部会は以下の事業を行う.

1) 施設認定に関する事業
2) 認定更新に関する事業

第5条[部会長および委員]
部会長及び委員は,理事会の議を経て理事長が任命する.
2.部会長及び委員の任期は2年とし,再任を妨げないが,連続の場合3期を超えることはできない。
3.部会長が任期途中で退任した場合,理事会の議を経て理事長が後任を任命し,任期は前任者の残任期間とする.
4.委員が任期途中で退任した場合,理事会の議を経て理事長がその補充を行い,任期は前任者の残任期間とする.

第3章 認定施設

第6条 [区分]
認定施設は遺伝性乳癌卵巣癌総合診療基幹施設(以下,基幹施設),遺伝性乳癌卵巣癌総合診療連携施設(以下、連携施設),遺伝性乳癌卵巣癌総合診療協力施設(以下,協力施設)とする.
2.施設認定部会は,認定希望施設からの申請に基づき審査を行う.

第7条[遺伝性乳癌卵巣癌総合診療基幹施設]
基幹施設は以下の10要件全てを満たす.

1)  施設内に遺伝性乳癌卵巣癌の診療責任者(1名)をおく.
2)  臨床遺伝部門が設置されており,HBOCの遺伝カウンセリングを実施する臨床遺伝専門医が常勤している.HBOCの遺伝カウンセリングを実施する認定遺伝カウンセラーが常勤している事が望ましい.
3) 乳腺専門医および婦人科腫瘍専門医が常勤している.
4) 上記2)および3)を構成する専門医または認定遺伝カウンセラー [2] の各領域1名以上が,施設認定部会が認証する講習会(3年以内)を受講している.
5) 日本医学会「医療における遺伝学的検査・診断に関するガイドライン」はじめ,関連ガイドライン [3] を遵守した診療体制,特に遺伝カウンセリング及びBRCA1/2の遺伝学的検査の実施体制が整備されている.
6) BRCA1/2変異陽性者に対する乳癌(マンモグラフィと乳房MRIと乳房超音波検査 [4] ),卵巣癌(経膣超音波検査とCA125腫瘍マーカー)のサーベイランスを行うための設備および診療体制が構築されている。
7) BRCA1/2変異陽性者に対する乳癌および卵巣癌のリスク低減手術を実施できる.
8) 3領域専門医が参加するHBOCに関する定期的なカンファレンスを行っている.
9) 患者登録業務および診療実績の報告を行う.
10) 連携施設・協力施設から症例登録に関する情報を収集し,助言・指導を行うとともに,年次報告を施設認定部会に提出する.

第8条[遺伝性乳癌卵巣癌総合診療連携施設]
連携施設は以下の11要件全てを満たす.

1) 施設内に遺伝性乳癌卵巣癌の診療責任者(1名)をおく.
2) HBOCの遺伝カウンセリングを実施する臨床遺伝専門医(非常勤も可)または認定遺伝カウンセラー(非常勤も可)が勤務している.
3) 乳腺専門医または婦人科腫瘍専門医が1名以上常勤している.
4) 上記2)および3)を構成する各領域1名以上が,施設認定部会が認証する講習会(3年以内)を受講している.
5) 日本医学会「医療における遺伝学的検査・診断に関するガイドライン」はじめ,関連ガイドライン2を遵守した診療体制,特に遺伝カウンセリング及びBRCA1/2の遺伝学的検査の実施体制が整備されている.
6) BRCA1/2変異陽性者に対する乳癌(マンモグラフィと乳房MRIと乳房超音波検査)または卵巣癌(経膣超音波検査とCA125腫瘍マーカー)のサーベイランスを行うための診療体制が構築されている。どちらかが実施できない場合は、実施可能な施設と連携している.
7) BRCA1/2変異陽性者に対する乳癌または卵巣癌のリスク低減手術を実施できる.どちらかが実施できない場合は,実施可能な施設と連携している.
8) 複数領域の専門医が参加するHBOCに関する定期的なカンファレンスを行っている。
9) 基幹施設から連携することについての承認を受けている.
10) 診療実績の年次報告を基幹施設に提出する.
11) 患者登録業務を行う.

第9条[遺伝性乳癌卵巣癌総合診療協力施設]
協力施設は以下の7要件を満たす.

1) 施設内に遺伝性乳癌卵巣癌の診療責任者(1名)をおく.
2) 乳腺専門医または婦人科腫瘍専門医が常勤している.
3) 常勤する上記専門医の1名以上が、施設認定部会が認証する講習会(3年以内)を受講している.
4) BRCA1/2変異陽性者に対する乳癌(マンモグラフィと乳房MRIと乳房超音波検査)または卵巣癌(経膣超音波検査とCA125腫瘍マーカー)のサーベイランスを行うための診療体制が構築されている.
5) 基幹施設または連携施設から連携することについての承認を受けている.
6) 基幹施設あるいは連携施設の紹介依頼を受けた患者またはBRCA1/2変異陽性者の総合診療継続の一部を担う事が可能である。
7) 診療実績の年次報告を基幹施設または連携施設に提出する.

第10条[登録申請]
認定施設としての登録を申請する診療責任者は,登録申請書類を施設認定部会に提出する.
第11条[認定施設認定証の交付]
施設認定部会が認めた施設に対し,施設認定証を交付する.施設認定の有効期限は3年間とする.

第 4章   認定施設の資格喪失

第12条[資格喪失]
認定施設は次の理由により施設認定部会の議を経て,認定施設の資格を喪失する.

1) 認定施設の資格を辞退したとき.
2) 施設認定部会が不適当と認めたとき.

第5章   規則の変更

第13条
この規則は、理事会の議を経て変更することができる.

付則 [施行期日]
この規則は、2017年2月26日から施行する.

付録 施設認定要件一覧

基幹施設 連携施設 協力施設
臨床遺伝専門医
認定遺伝カウンセラー
乳腺専門医
婦人科腫瘍専門医
HBOC遺伝学的検査実施
乳癌サーベイランス
婦人科サーベイランス
RRM
RRSO
HBOC講習会
HBOCカンファレンス
患者登録
総合診療基幹施設連携

◎:必須,△:望ましい, ○:いずれか必須

[1] HBOC (Hereditary Breast and Ovarian Cancer)
[2] 将来的には状況に応じて必須要項として改変していく可能性がある.
[3] 日本医学会「医療における遺伝学的検査・診断に関するガイドライン」,10学会「遺伝学的検査に関するガイドライン」,日本乳癌学会 乳癌診療ガイドライン2015年版,日本婦人科腫瘍学会 卵巣がん治療ガイドライン 日本婦人科腫瘍学会編2015年版,日本乳癌検診学会「乳癌発症ハイリスクグループに対する乳房MRIスクリーニングに関するガイドラインver.1.0」
[4] 現時点ではエビデンスに乏しいが,日本人の乳房超音波検査に対する有用性研究が既に開始されており,研究の評価も含めて実状に合わせて実施項目に加えた.

 

施設認定細則

[目的]

第1条
この細則は日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度施設認定規則の施行について必要な事項を定める.

[委員]

第2条
規則第3条第2項に定める施設認定部会の委員は,以下の構成とする.

部会長 1名
委員 日本医学会分科会である.日本人類遺伝学会,日本乳癌学会,日本産科婦人科学会の各々より若干名とする.

[症例登録]

第3条
症例登録業務は本法人による症例登録の体制が整うまでの間は,特定非営利活動法人日本HBOCコンソーシアムが実施する登録研究に参加登録したことを持って,施設認定の症例登録の要件を満たしているものとみなす.

[施設連携]

第4条
連携施設は所定の様式 [1] を用いて基幹施設から連携の承諾を得る.
協力施設は所定の様式を用いて基幹施設または連携施設から連携の承諾を得る.
資格を喪失した認定施設は連携する施設に連絡し,新たな連携関係の施設体制を構築し,施設認定部会に報告する.

[施設認定申請書類]

第5条
施設認定を申請する際は,所定の様式 [2] を用いて施設認定部会に申請する

[認定管理料]

第6条
基幹施設または連携施設または協力施設は施設認定・登録部会に施設認定を受けた後,認定管理料としてそれぞれ年5万円,3万円,2万円を納めることとする.

[認定施設の資格喪失]

第7条
登録業務を著しく怠った場合.
更新業務を2年にわたって怠った場合.
認定施設認定期間内に専門医不在となった施設は,認定施設の資格を喪失する.該当施設は速やかに事務局に報告し認定施設辞退報告を行う.

付則 [施行期日]

この細則は、2017年2月26日から施行する.

[1] 遺伝性乳癌卵巣癌総合診療施設連携申請・承諾書
[2] 遺伝性乳癌卵巣癌総合施設認定申請書

PAGETOP