施設認定事業

  • HOME »
  • 施設認定事業

HBOC診療の施設認定がめざすところ

HBOCが疑われる患者を診た場合、遺伝カウンセリングを受けることをおすすめし、遺伝カウンセリングの際には、HBOCという遺伝性疾患の概念をしっかり理解していただいたうえで、検査を受けるかどうかに関するインフォームドコンセントを得ることが肝要です。BRCA1/2の病的変異が認められた場合は、その後の予防的対策として①サーベイランス(年1回のマンモグラフィ+MRI検査など)、②化学予防(リスク低減薬物療法)、③リスク低減(予防的)外科治療(乳房切除術、卵管卵巣摘出術、あるいは両方)、が選択肢として挙げられ、患者個々にとって、相応しい治療法の選択肢が複数提示されることが求められています。また,BRCA1/2の病的変異が認められなかった場合でも,Variant of Unknown Significance (VUS) や検査の限界などについての理解を深めるための説明を行い,適切に対処することが必要です.

これら一連の診療を提供するには、HBOCの知識と診療技術を有する臨床遺伝専門医、乳腺専門医、婦人科腫瘍専門医の連携が重要で、更に質の高い医療を提供するには、認定遺伝カウンセラーや乳房再建術、腹腔鏡手術、妊孕性温存などに詳しい専門医の協力を得る必要があります。1つの医療機関で全ての機能を揃えている施設は、現時点では全国に十分配置できているとはいえず、各地域で医療機関が連携し、補い合うことで対応していくことが求められます。

このHBOCの診療体制を患者並びに医療関係者に分かりやすく示すために、HBOC診療を行う施設を「基幹施設」、「連携施設」、「協力施設」の3つに区分して施設認定を行い、どの施設に行けばどのような医療サービスを受けることが出来るか公表することとしました。施設認定の要件を下表に示します。詳しい要件は「施設認定事業規則」を参照ください。HBOC診療体制を整備することにより、将来的にはHBOC診療管理加算などの保険適用や、認定遺伝カウンセラーの国家資格化に関する道を拓くことも目標としています。

一般社団法人日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度機構 理事長
昭和大学医学部乳腺外科 教授     中村 清吾

施設認定要件一覧

基幹施設 連携施設 協力施設
臨床遺伝専門医
認定遺伝カウンセラー
乳腺専門医
婦人科腫瘍専門医
HBOC遺伝学的検査実施
乳癌サーベイランス
婦人科サーベイランス
RRM
RRSO
HBOC講習会
HBOCカンファレンス
患者登録
総合診療基幹施設連携

◎:必須  △:望ましい  ○:いずれか必須

「あなたの施設が認定されるためには?」

施設承認申請前に準備すべき主な要件を示します。

基幹施設を目指す場合

  1. 臨床遺伝専門医(常勤)、乳腺専門医(常勤)、婦人科腫瘍専門医(常勤)のそれぞれ1名以上が、HBOC教育セミナーを受講する。
  2. HBOC家系登録事業(日本HBOCコンソーシアムの全国登録事業)に参加し、8月末までにデータ登録を行う。
  3. RRM及びRRSOの実施についてIRB承認を得る。
  4. 乳癌及び卵巣癌のサーベイランス体制を整える。
  5. 3領域の専門医が参加するカンファランスを実施する。

連携施設を目指す場合

  1. 臨床遺伝専門医(非常勤可)または認定遺伝カウンセラー(非常勤可)と乳腺専門医(常勤)または婦人科腫瘍専門医(常勤)のそれぞれ1名以上が、HBOC教育セミナーを受講する。
  2. HBOC家系登録事業(日本HBOCコンソーシアムの全国登録事業)に参加し、8月末までにデータ登録を行う。
  3. RRMまたはRRSOの実施についてIRB承認を得る。
  4. 乳癌または卵巣癌のサーベイランス体制を整える。
  5. 関連領域の専門医が参加するカンファランスを実施する。
  6. 基幹施設から連携することの承認を得る。

協力施設を目指す場合

  1. 常勤する乳腺専門医または婦人科腫瘍専門医の1名以上が、HBOC教育セミナーを受講する。
  2. 乳癌または卵巣癌のサーベイランス体制を整える。
  3. 基幹施設または連携施設から連携することの承認を得る。

初回施設認定のスケジュール

申請受付期間:2017年10月20日~11月20日
認定審査期間:2017年12月~2018年2月(基幹施設、連携施設が非承認の場合、連携再調整)
審査結果通知:2018年2月末
認定施設公表:2018年4月

申請書送付先

一般社団法人日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度機構
施設認定部会 宛
株式会社メディカル教育研究社内
〒355-0063 埼玉県東松山市元宿1-18-4-1F

施設認定申請書

【重要】遺伝性乳癌卵巣癌総合診療施設連携確認書(診療連携覚書)の提出について

施設認定申請書の添付資料として「⑪ 遺伝性乳癌卵巣癌総合診療施設連携確認書」を定めていますが、初年度の申請においては、認定された施設が存在しないので、同資料の提出を、施設認定の審査結果の公示後(提出締切:2018年6月30日)まで猶予することといたします。
連携施設および協力施設として認定された施設においては、それぞれ連携施設は基幹施設、協力施設は連携施設または基幹施設との間で結ばれた連携確認書(覚書)の提出が必須で、期限までに同資料の提出がなされない時は、認定を取り消される場合がありますので、ご留意ください。

基幹施設用申請書類
連携施設用申請書類
協力施設用申請書類
PAGETOP