カリキュラムコード

カリキュラムコード

カリキュラムコードはこちら

教育事業規則・細則で定めるカリキュラムコードに対応するセミナー

 

カリキュラムコード認定セミナー一覧 ←クリックしてPDFを表示してください
*2020年10月12日付の教育事業細則改定により、以下の措置がとられております。
「2021年3月31日に更新期限を迎える者については,特例として認定期間を1年間延長し,2022年3月31日を更新期限とする.」

*JOHBOC教育事業部会が実施するセミナー以外にも、医療機関や学術団体が実施する,遺伝性乳癌卵巣癌に関するセミナー・講習会に対するカリキュラムコード認定を行っています。
 基本は、教育事業細則第6条に定めるように、主催者による事前の申請により審査いたします。指定の様式を用いて申請ください。

 <カリキュラムコード認定申請書 word     PDF  
 

教育部会からのお知らせ

JOHBOCでは、JOHBOC教育部会が主催する教育セミナー以外に、他学会・団体が主催される研修会、セミナーについても、申請をいただいた場合はその内容を確認の上、カリキュラムコードをお認めしてきました。
2020年4月の診療報酬改定により、HBOC診療の一部が保険収載されたこと、厚労省の疑義照会回答において、RRM/RRSOを実施する医師に求められる研修としてJOHBOCセミナーと明記されたことなどから、これまで以上にカリキュラムコード認定の申請やお問い合わせをいただくことが増え、それに伴いJOHBOC事務局における処理業務も増大してきました。
このような状況に鑑み、JOHBOCでは2021年4月以降のカリキュラムコード申請に関しては、主催団体に受講者数に応じた費用のご負担をいただくことといたしましたので、ご承知おきください。
詳細は近日中にホームページ上でお知らせいたします。

JOHBOC教育部会長
札幌医科大学医学部遺伝医学
櫻井晃洋

PAGE TOP