登録事業規則・細則

登録事業規則

第1条(目的)

この事業は,遺伝性乳癌卵巣癌 およびその疑いがある患者・家族の診療体制の整備拡充を推進するために,各認定施設である遺伝性乳癌卵巣癌総合診療基幹施設、遺伝性乳癌卵巣癌総合診療連携施設、遺伝性乳癌卵巣癌総合診療協力施設の症例登録および診療実績報告の評価を行うことを目的とする.

第2条(組織・運営)

第1条の目的を達成するために,登録部会(以下「部会」という)を設ける.
2.部会は臨床遺伝領域,乳癌領域,婦人科腫瘍領域の委員により構成する.

第3条(業務)

部会は以下の事業を行う.

  • 症例登録の適格性の評価に関する業務
  • 認定施設の診療実績の収集に関する業務

第4条(部会長および委員)

部会長及び委員は,理事会の議を経て理事長が任命する.
2.部会長及び委員の任期は2年とし,再任を妨げないが,連続の場合3期を超えることはできない.
3.部会長が任期途中で退任した場合,理事会の議を経て理事長が後任を任命し,任期は前任者の残任期間とする.
4.委員が任期途中で退任した場合,理事会の議を経て理事長がその補充を行い,任期は前任者の残任期間とする.

第5条(症例登録)

遺伝性乳癌卵巣癌総合診療基幹施設と遺伝性乳癌卵巣癌総合連携施設は、患者登録業務を行う。

第6条(診療実績の年次報告)

遺伝性乳癌卵巣癌総合診療基幹施設は、診療実績の年次報告を部会に行う。
2.遺伝性乳癌卵巣癌総合連携施設は、診療実績の年次報告を基幹施設に提出する。
3.遺伝性乳癌卵巣癌総合協力施設は、診療実績の年次報告を基幹施設または連携施設に提出する。

第7条(会議)

部会は毎年1回,部会員による会議を開催する.
2.部会長は,必要に応じ,臨時に会議を招集することができる.
3.会議は委員の3分の2以上の出席(委任状を含む)をもって成立する.

第8条(補則)

この規則は,部会会議および日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度の議を経て改正することができる.

付則 (施行期日)
この規則は,2017年2月26日から施行する.

 

登録事業施行細則

第1条(目的)

この細則は,日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度における登録事業規則(以下「規則」という)の施行について必要な事項を定める.

第2条(委員)

規則第2条に定める登録事業部会(以下「部会」という)の委員は,以下の構成とする.

部会長 1名
委員 日本医学会分科会である。日本人類遺伝学会、日本乳癌学会、日本産科婦人科学会の各々より若干名とする。

[症例登録]
第3条

症例登録業務は日本HBOCコンソーシアムが定める参加要綱 [1] と研究実施計画書に基づき遂行する。

[診療実績の年次報告]
第4条

基幹施設は連携施設および協力施設より年1回所定の様式 [2] を用いて診療実績の報告を受ける。
基幹施設は年1回8月に診療実績を施設認定・登録部会に提出する。

 

付則 (施行期日)
この細則は,2017年2月26日から施行する.

[1] HBOC家系登録参加要綱
[2] HBOC診療実績報告書

PAGETOP